田舎の課題を価値あるモノに変えて、みんなにお届け!

「権利と責任」 大西先生から学んだこと

こんにちは、村長です。

私は丹波にUターンしてきて、蒸留木酢液の製造販売をしておりますが、それと同等に力を入れていることに、「教育」があります。どんな分野の活動においても、それを動かしているのは人ですから、その人のパフォーマンスに大きな影響を与える教育を下支えすることが、地域の発展につながると考えているからです。

さて、「教育」と言えど、人によって目指すゴールや手法が異なると思いますが、私が行いたい「教育」は

「社会でお役に立てる人間に成長するように働きかけること」

と定めています。5教科さえできれば社会のお役に立てる人間になる、なんてこれっぽっちも思っていませんし、もっと言うと、豊かな人生を送るためなら大学までは行く必要はないかな、とすら思っています。少なくともうちの会社で働くには、5教科に関しては中学校で勉強する範囲をほぼ理解できていれば、それで十分です。
(ただ今スタッフ募集中!)

そのため、今は学習塾で国語数学英語理科社会を教えたりしていますが、教科だけでなく、社会で役立つような物事の考え方や、組織運営の在り方、それにちょっとした心理学なども会話の中に混ぜ込むようにしています。

大事なのは、学校を卒業し、社会人になる段階で、資本主義・民主主義のこの国で生きていく力をどれほど備えられているか、それだけのことだと思っています。

実際問題、有名大学を出ていてもこの社会にそぐわない言動をする人間は多いです。最近よく感じるのが、「権利ばかり主張して、責任を取ろうとしない人が多い」ということ。責任を取られない範疇のことまで好き放題主張したり、また、トップという責任ある立場に居ながら、責任から逃れようとする人もいます。

こういうことって、学校じゃ教えてくれないんかなー?

というわけで今回は、この社会で生きていくうえで重要な「権利と責任」について書きたいと思います。学校じゃ教えてくれないんかなー、とか言いながら、私の場合「権利と責任」について初めて教えてくださったのは、山南中学時代のテニス部の顧問の先生でした。今回はその頃の話を回想しながら書いてみます。

 

●自分たちで自由に決めて、行動できる権利

私は小学生の頃に野球で右肘を痛め、中学校に入学した時点では野球ができない状態でした。そのため軟式テニス部に入ったのですが、ラケットを振ると右肘に痛みが走るため、結局初めのうちはテニスができずにボール拾いばかりしていました(入部前に気づけよw)。

同学年の他の部員はボールを打っているのに、そのボールを拾うだけの日々が続き、自分もプレーしたくなった私は顧問の先生に

私:「右は肘が痛くてラケットを振れないので、左手でテニスしていいですか?」

と尋ねました。
続きを読む

カテゴリー: 未分類

直接会いに来てください。丸裸で待ってます。

こんにちは。
村長です。

●信用調査会社を使って調査してからのお取引は、こちらから願い下げ(たい)

会社を経営していると、時折、信用調査会社というところから、企業調査依頼というものがやってきます。

これは、

「我がA社は、株式会社みんなの村と新規で取引を始めたいんだけど、株式会社みんなの村が信用おける会社かどうかわからないんだよねー。調べなきゃ。」

という場合などに、A社自らが弊社について調査するのではなく、A社が信用調査会社に依頼して、その依頼された信用調査会社が、弊社について根掘り葉掘り調べる、という仕組みになっています。

なので、A社に頼まれた信用調査会社は、

・年商はどれくらいあるのか?
・市場のトレンドはどうなのか?
・内部留保がどれくらいあるのか?

という会社の資金面のことや

・経営者はまともなヤツか?アホとちゃうか?
・社員の技術力は確かか?

という弊社のスタッフの能力みたいなものを調べに来ます。

続きを読む

カテゴリー: 未分類

センパイ、私は風俗には行きませんが、もう風俗のことを否定はしません。

こんにちは。村長です。

冒頭からヘンな話題ですが、その昔、私が大学生だった頃、あるセンパイに風俗に誘われたことがありました(客として、ですよ)。その時に得た教訓が今でも頭の中に残っているので、ブログに書いてみました。

例えはちょっとアレですがw、本質をついた指摘をいただいたので。

 

センパイ:「おい、前川、今から風俗に行こうぜ。」

私:「センパイ、俺ね、風俗とか大っ嫌いやねん。なんでお金払ってそんなことすんの?そんな金があるんやったら、男やったらそこらへんで女の子をナンパして飲みに行って、口説き落とせるかどうかの攻防を楽しんだ方がええやろ。だから俺は風俗なんて最低やと思うわ。」

センパイ:「なんやと?お前そんな生意気な口叩きやがって。ほんじゃ聞くけど、お前は風俗に行ったことあるんか?」

続きを読む

カテゴリー: 未分類

鬱になり、もがいて、復活して、いろいろ考えた結果、鬱は創造的自己破壊だと思った

こんにちは、村長です。

今回は「鬱」について私見を綴ろうと思います。

鬱って、本当に辛かった。鬱になっている本人も辛いし、その周囲に居る人も辛かった(と後でよく言われます)。

そんな辛い鬱だから、鬱になるのを防止するために、また、鬱になったらそこから復活してもらうために、もっと研究が進んで、精査された情報を共有することが必要だと思っています。

だけど一方で、鬱は繊細な話で世間体もあるし、鬱であるというだけで取れない免許があったりもするからか、体験談を赤裸々に語ってくれる人がとても少ない。その結果、鬱の情報を周知・共有することができていないのが最大の問題だと思うのです。

だから、鬱で辛い思いをしている人への手助けになれば、また、これから鬱になってしまうかもしれない人に、何かしらのヒントになれば、と思い、私の経験から感じ、考えたことをアウトプットしようと思います。

続きを読む

カテゴリー: 未分類

時にはしっかり叱ります

●睨み付けながら泣く荻野を見て

こんにちは。村長です。
今日はちょっと昔話をば。

弊社のフルタイムの社員に、4年ほど前に採用した荻野という女性社員が居ました。

荻野は採用面接の際に「大学を留年して半年間休みがあるから、その間にバイトしながら、就職活動を継続したい」と話していました。

個人的には「半年って腰掛け程度で、なんか中途半端な奴やなぁ」と思っていましたが、当時社長だった私の親父が、

「比奈(私の妹)に顔が似とるからこの子を採用や!」

という不純な(いや、清純な?)動機で採用が決まりました。

しかし面接時の受け応えはフワフワしているし、いざ一緒に仕事してみても案の定。ぜんぜん会話にもならんし、信じられないミスを連発するし。

とりあえず半年経てばうちを辞めるのかと思いきや、それまで黒色やった髪の毛が、ある日突如茶髪になっていて。

村長:「お前、その髪で就職活動するつもりか?」

と聞くと、

荻野:「いやー、このままこの会社で働こうと思って。テヘっ。」

という具合です。
面接時には半年だけ、って自分から言うてたのに、誰が期間の延長を認めたのだ・・・ 続きを読む

カテゴリー: 未分類

ボランティア活動って、相手の心に寄り添うことだと思う

●丹波市が集中豪雨で被災→ボランティア活動を始めました

こんにちは、村長です。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、8月16日から17日にかけての集中豪雨で、丹波市は北東部を中心に、土砂崩れ135か所、倒壊家屋53棟、床上床下浸水1171棟、さらに死傷者までが出るという、丹波市始まって以来の大惨事となってしまいました。
(データは8月21日付の丹波新聞より)

私たちの会社や住まいのある丹波市山南町は丹波市の中でも最南端で、今回の集中豪雨による被害はございませんでした。ご心配くださったお客様、友人の皆様、メールで安否確認をしていただくなど、お心遣いありがとうございました。

さて、地域の課題を解決することを目的に活動している「株式会社みんなの村」「株式会社みんなの家」ですから、同じ丹波市内で発生したこの災害には、災害発生直後から復興に向けて動き始めました。全体からみると、ほんっと微々たるものですが。。。

まず、ボランティアの方のためにシェアハウス「みんなの家」を無料開放しました。ホテルや民宿に泊まり、宿泊料がかかり続けると、被災地に滞在すればするほど資金ショートが早まるため、長期間のボランティア活動が難しくなります。実際私が東北のボランティアに参加した時は、その出費が痛手でした。そこでみんなの家ではボランティアで丹波に来られた方には無料で宿泊していただけるようにし、経済的な負担が少ない状態でボランティア活動に従事してもらえるようにしました。

また、独自にボランティアを呼びかけました。社会福祉協議会や行政が出しているボランティアの募集を見て一歩踏み出せる人と、個人的なつながりがあって一歩踏み出せる人と。世の中には当然ながら、いろんな人がいらっしゃいます。そこで、自分たちの繋がりの中でもボランティアの募集をしました。

その甲斐あってか、この1週間でのべ40人ほどの友人知人がみんなの家を経由してボランティア活動をしてくれました。本当に感謝、感謝です。みんな、ありがとう!

今回は、そうした活動の中で感じたことをブログに綴ろうと思います。

被災3日後の丹波市市島町前山地区

被災3日後の丹波市市島町前山地区

 

●ボランティアとして支援する側から見える景色

今回の災害では、裏山からの土石流で家屋ごと流されてしまったり、家屋は残っても一階がまるごと土砂に飲まれたりする家屋が多くありました。その中の一軒の泥かき活動がなされていた時でした。

続きを読む

カテゴリー: 未分類

丹波の恐竜を活かしたまちづくりが、大きな一歩を踏み出した!(はず)

こんにちは、村長です。

先日の謝罪ブログをご覧になったお客様が、「言おうかどうしようか迷っていたのですが、ブログを読んで思い切ってメールしました。」ということで、弊社の不手際によるクレームのご連絡をくださいました。ブログをご覧になられたから、その勢いでご連絡いただけたようです。また深々とお詫び申し上げるとともに、ブログを書いたことによって新たなミスを発見することができたので、お客様へのご迷惑を最小限に食い止めることができ、本当に良かったと思いました。スタッフ一同、改めて気を引き締め直した次第です。

さて、責任を取って謝罪するのも代表の仕事、全国を動き回って丹波に尽力するのも代表の仕事(に、なってきています、気づいたら)。今回は、我が町丹波で8年前に発見された恐竜化石を活かした町づくりが、大きな一歩を踏み出そうとしていることについて触れておきたいと思い、ブログの更新です。

 

●恐竜化石を活かしたまちづくりを進めていく上で感じたこと

丹波竜化石が発見された町として、丹波市は恐竜を活かしたまちづくりを推進しています。私は昨年からその事業に関わりながら、化石発見から8年が経過しそうなこのタイミングでどのような取り組みが町の発展につながるのか、素人ながらに考えていました。

考えの浅いハード整備をしたところで、そのハードを活かせるソフトが貧弱だと税金の無駄遣いっていう批判が出るし(てか、もう出てるし)、何かしらの単発のイベントを開催するのもいいけど、闇雲に乱発しても一貫性が低いと定着率が低いだろうし、地域の人たちが関われない事業にしてしまったら、そもそもそれは町づくりでもなんでもなくなるし。

また事業として行うならば、市民に対してなんらかの効果を生み出さないといけない中で、恐竜化石で経済効果を生み出すのはかなりハードルが高そう。福井県には立派な恐竜博物館があって集客力がスゴいけど、丹波にはあんな立派な博物館を建てるほどの資金力は当然ないわけで。そんな福井県と力勝負したところで完膚無きまでにされて終わるだろうから、丹波市の強みを生かした事業にしていくべきだろうと考えていました。

続きを読む

カテゴリー: 未分類

ご迷惑をおかけしたお客様、申し訳ございませんでした。

こんにちは。村長です。

●お客様の信頼を損なってしまいました。猛省です。

「爽美林」のご注文は、ネットや電話、ファックス、直接ご来店など、様々な形式で受けていて、現状では社外のショッピングカートと、社内の顧客管理ソフトなど、連動できない複数の管理システムを使っています。

資本がそんなに多くあるわけではないですし、またシステムを全自動化しなくても受注業務ができる程の受注量では、最少経費でこれら複数のシステムを工夫して使うのがベストな方法だと判断しています。

しかしこの連動しえないシステムは、時としてミスの温床となります。先月の2週間で、お客様にご迷惑をおかけしてしまったミスが、誠に恥ずかしいことに、こんなに多くも発覚しました。

・すでにご入金いただいているにも関わらず、督促メールを出してしまった×2件
・定期購入をしていただいているにも関わらず、お約束した日に発送していなかった×3件
・福島県の方に無料でお届けすると伝えておきながら、カード決済をしてしまった×1件
・メールアドレスの変更依頼が届いているのに、何度も変更し損ねてお客様の信頼を失ってしまった×1件

さらにこのミスの中の一つが2次クレームに発展してしまいました。
度重なるミス、そして対応の遅れなどから、定期購入をされていたお客様が、今回で購入を止めにする、と。最終的にはお電話で直接謝罪しましたが、その際お客様がおっしゃったことは非常に正論でした。こちらの不手際の度が過ぎました。

反省しかありません。猛省です。

続きを読む

カテゴリー: 未分類

タカシ、逃げるな!怖いなら挑戦せい!

●逃げるタカシ、詰める村長

先日、私のもとに友人からの紹介で一人の大学生がやってきました。そうですね、タカシっていう仮名にしておきましょう。

タカシは大学4回生。聞くところによると大学卒業後は国内で就職せずに、世界各国を旅しながら働き、そこで貯めたお金で奨学金の返済までを考えているとのこと。まずは来年、ワーキングホリデーでカナダ、オーストラリア、ニュージーランドのどこかの国に行って働くって言うてます。

友人は「もしいろいろ気になったらバッサリいって頂いても(OKですよ)」とコメントを残し、私のもとにタカシを置いて仕事に向かいました。。。

村長:「なんで海外に行きたいん?」
タカシ:「だって日本で働くって面白くないじゃないですか。」
村長:「そうか?俺は面白いと感じてるぞ?」
タカシ:「でも俺はそれってなんか違うんですよね。海外で旅しながら働いて、しかもそれで奨学金を返済するってマジすごくないですか?ネットで調べたんですけどそんな人居ないし、面白いと思うんですよね!」
村長:「前例がないから面白いん?」
タカシ:「まぁそういうのだけじゃないんですけど、俺はやりたいんですよね。」

おぅ、君はフワフワやな・・・。

村長:「あーそう。奨学金っていくらなん?」
タカシ:「400万円です。」
村長:「その400万、どれくらいの期間で返済すんの?」
タカシ:「4年か5年くらいで返済する予定です。」
村長:「ほんじゃ年間100万ってとこか。海外ってさ、日本ほど物価が高くない国が多いやん。だから向こうで働いたとしても、日本円の100万円を作るのってけっこうキツくない?どんな仕事すんの?」
タカシ:「フルーツピッキングが時給一番いいっていう情報があるんですよね。みんながよくやる日本食レストランの店員とかはそんなに時給高くないみたいなんすよ。」

「ごめんタカシ、俺あんまり時間ないから後は好きにしてくれたらええわ、じゃぁな、バイバイ」と言いたかったけど、悪友からの預かりものなので、そこはガマン。

村長:「・・・タカシさ、現実的にちゃんと計算した?特に英語ができるわけでもなく、職務経験があるわけでもなく、旅をしながら各地で雇ってもらう形態で年間100万円を貯めるんはキツイで。もし起業とかするなら可能性はあるやろうけど。」
タカシ:「起業は俺の中でまだ今じゃないんですよねー。そこは俺ちゃんと順序を踏んでやろうと思ってるんで。」

ほほぅ、最後の締め方だけは論理的風・・・。

村長:「結局さ、海外に行く目的はなんなん?」
タカシ:「まぁ言うてしまうと、全部俺の自己満足の世界ですよ。」

あ、自己満足なんや。
じゃぁ特に止める理由もないし、お好きにおし。

村長:「ほんならとりあえず海外に行ったらええやん。どうせ失敗するけど、それもまた勉強やわ。」
横に居たセンパイ:「前川君、そんな投げ捨てた言い方しなくても^^ゞ」
村長:「だって、本人がそれで満足したいって言うてるんやったら、しゃーないんちゃいます?」

センパイ:「まぁそうだけど。」

私が別件でお呼びしていた心優しき丹波の先輩が見るに見かねたのか、そこからタカシにいろいろ問いかけられました。しかしタカシの口から出てくる言葉は

「海外に行ったら毎日ブログを書いて、日本の若者に向けて発信したいんですよね。やっぱり情報発信は大事だと思うんで。」 「情報はSNSから取って、海外での人脈を・・・」

なんかそれらしい風なことを語ってくれるのですが、どうも自分の言葉で言うてない。どこかで聞いたことのある流行の言葉をそれなりに並べてるだけにしか聞こえない。マジで忙しいセンパイの心遣いと時間をムダにするとは、タカシ!許さんぞ!

村長:「もうええわ。お前の話はおもんないねん。」
タカシ:「え?」
村長:「だってお前がやりたいことなんて、コレっぽっちも本気ちゃうやろ。そんなヤツレタ目で自分の夢を語る奴がどこにおるよ?夢を語る顔してない。そんな奴の話を聞いてもおもんないねん。」
タカシ:「・・・。」

村長「で、お前は何から逃げてんねん?
続きを読む

カテゴリー: 未分類

利他の精神

こんにちは。村長です。

●私を葛藤させる「利他の精神」

以前にも書きましたが、やはり世代間ギャップを感じる毎日です。
「分け与える」「手放す」「シェアする」とでも言えばいいのか、つまり利他の精神を持っている人たちが私の周囲に多く居て、その彼らの多くが30歳前後。一方で、資本主義社会の中で、特に社会人になってからは資本の争奪が当たり前と教わり、突進してきた私にとっては不足していた価値観。それゆえ、彼らと過ごす日々は良き葛藤の連続です。

この願ってもない機会に、この新たな価値観をどれだけ受け入れることができるかというのが、今後の自分の人生の方向性を決めるような気がしていて、
「あ、また俺は自分の手中に収めようとしてた!アカンタレ!」
「えー!お前はそれも手放すの???」
なんて、周囲の若者の言動と自分の内心を対比させながら、日々楽しく反省しています。

 

●「囲い込まず、手放す」/カブト虫解放大作戦
この歳になって思想がフラついている父親として、我が子たちには若いうちから「囲い込まず、手放す」という感覚を身に着けておいてほしいと考えています。

この夏、5歳の長男、明治が「Aくんがな、保育園にカブト虫持って来てるねん。だからな、ボクもカブト虫欲しいねん。」と言い出したので、明治を連れて近所の山にカブト虫を捕まえに行きました。
そしてその道中、明治と一つ約束事を作りました。 続きを読む

カテゴリー: 未分類